安全確認と合図・警音器の使用

車を運転する上で、事故を起こさない為にも周囲の安全確認や合図することは絶対に必要なことです。
安全確認といっても様々な場面で必要になってきます。
車に乗降する際には、周りや後方から走ってくる車がいないかの確認、子供が乗降する場合には歩道側で行うようにする配慮が必要となります。
走行中は、前方への注意は当然のことながら、バックミラーとサイドミラーを使って、自分の周花08囲の車の状況を把握して、車間をコントロールしてやる必要があります。
ブレーキをかける場合にも、信号を予測したり、前の車の動きを予測して余裕を持ってブレーキを踏んで合図を出していけば、後ろの車にもしっかりと伝わり、追突される心配も減るでしょう。
右折左折にも十分注意が必要で、右折の場合には直進してくる車との距離感を見極めなければいけないし、横断歩道を歩く人、自転車でいきなり渡ってくる人への確認を怠ってはいけません。
左折では歩行者、自転車、バイクを巻き込まないようにミラーと目視による確認が重要になります。
ウインカーも早めに出すことで、自分が次にどうのような行動をするかを周囲の車にアピールすることが出来ますので、早めの行動が大事です。
見通しの悪い細い道などでは警音器を利用して自分の存在を相手に伝える必要があります。
事故を起こさないためには、自分が注意することは勿論、相手側にも自分の存在を認識してもらい、注意してもらうことで安全を守ることができるので、確実な安全確認と早めの合図をしっかりと心がけましょう。