合図を行う場合とその方法

自動車の安全運転に関しては、自動車に備わっている機能を利用することによって、より一層安全性を高めることもできます。その中には周囲の自動車等に対して合図を行う方法も用意されており、基本的にはウインカーとハザードランプによって表現することができます。例えば走行中に進路変更を行う場合では、変更する車線側にウインカーを出すことが基本とされていて、後方の自動車の状態を確認した上で点灯させることが必要になります。転回を行う際にも同様なスタイルを持っており、例えば右車線から後方に転回する場合では、右ウインカーを点灯させてから実行することが必要になります。道路状況によっては徐行することが必要とされる場面も多く、特に渋滞をしている道路などでは十分に後方を確認した上でウインカーを出して進路を変えたり、路肩に停車させる場面でも、左ウインカーを出した後にハザードランプを点滅させる方法も一般的に利用されている内容になります。ハザードランプの場合では、停車させる際に利用することが多いものとしても知られているのですが、車線変更を行う際に、後続車両に挨拶のように利用される方も多い傾向にありますが、この点に関しては明確な規定は用意されていない部分になります。後退を行う際には、一時停止を行った後に、後方に障害物などが無いことを確認した上で、徐行で自動車を動かすことが基本とされています。

コメントは受け付けていません。