安全確認の方法

まず気をつけたいこととして、方向指示器で合図を出したからといっていきなり右や左に曲がったり車線変更して良いことでは無いという事です。また、そのタイミングが悪いと右や左に曲がったり車線変更できない時もあります。合図と同時にその行動に移すドライバーがいますが大変に危険です。それは、周囲のドライバーへの意思表示ですから、周囲のドライバーが認知する時間が必要となります。
手順としては、ルームミラーやドアミラー、目視や周囲の音などで周りの状況の確認をします。それから方向指示器で合図を出します。また、左折する時は原付や自転車が左の後方にいないか確認してから、できる限り左側に添って徐行します。最近では左折にもかかわらず右に車両の前部を振るドライバーがいますが、不要かつ巻き込み事故につながる危険な行為ですから基本を再度確認してください。ドアミラーなどには、死角があります。ですから色々な方法で安全確認をする必要があります。場合によっては、窓を開けて音を聞くことも確認手段の一つです。緊急車両の通行や通過の確認は、目よりも耳に届く情報のほうが速い時があります。安全を確認する装備などはいつでもきれいにしておきましょう。

コメントは受け付けていません。