安全確認の手順について

車で事故を起こさないためには安全確認を怠らないことが重要ですが、ドライバーの中には間違った手順で安全確認をしている方も少なくありません。
特に事故が起こりやすい右左折や車線変更時などに正しい安全確認が出来ていないと危険ですので、一度自分がどのようにしているのかを見直してみましょう。
まず安全確認の手順の基本は、ルームミラーでの後方確認、次にサイドミラーでの後方確認、そして、最後に死角部分の目視となります。
この時、意外と怠ってしまいがちなのが目視です。
ミラーで後方を確認したから大丈夫だろうとすぐにハンドルを切ってしまうと、死角である斜め後ろ側にいたバイクや自転車、歩行者などを巻き込む事故を起こしてしまう可能性があります。
そうならないためにも、自分の目でしっかりと確認をすることが事故を起こさないために重要なのです。
またこの時、ただ見るだけではなく後続車の動きや全体の車の流れを把握して、次の行動を判断しなければいけません。
免許を取ったばかりの初心者の頃には、きちんとできていたはずのことが運転に慣れてくると次第に疎かになってしまいやすいので、時々、こうした安全確認の手順を見直して気を引き締めるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。