みだりに進路変更はしないこと

道路交通法に明記されていることなのですが、正当な理由なくみだりに進路変更をすることは、禁止されている行為になります。しかも、後方から来る車両の進行を妨げる場合も、進路変更はしてはいけないことになっています。つまり無理やり割り込んだりする行為や、蛇行運転などをしてはいけないのです。それに、どこでも好きな時に、車線を変更していいわけでもありません。道路上に引いてある線、つまり車線や通行区分帯によって決まりがあることを忘れてはいけません。車線が実線で引かれている道路は、その線をまたいで車線を変更してはいけないのです。黄色の実線も同じことですが、白の実線を強調しているのであって、黄色じゃないからといって白の実線をまたいで車線を変更していいわけではありません。特に、危険の多い箇所ほど黄色の実線になっている場合が多いので、これを無視すると重大な事故になりかねないのです。黄色線の箇所では、ハミ出し禁止で警察が取り締まりを行っていることがよくあるので、特に注意しましょう。原付きバイクの追い越しのために、黄色線をまたいで追い抜いて行く車も多いですが、追い越し可能な点線の箇所までは、我慢して後方を走らなければいけないのです。進路変更の際は、車線や通行区分帯、または標識に充分注意してから行いましょう。

コメントは受け付けていません。