進路変更する場合

車に乗っているとどうしても進路変更したくなったり、する必要がでたりすることがあります。そのときの注意としては、まずウインカーをだして、周囲の車に進路を変更をすることを知らせて、バックミラーやルームミラーで周囲の安全を確認してするべきでしょう。また右へする場合は、目視もするとなおいいでしょう。そのとき、直前の車に限らず、その前の車や進路変更する車線の車の様子を見て、急ブレーキを踏まなくていいようにしておかないといけません。
よくみだりに進路変更をする車を見かけますが、自分の運転が上手だからこの程度の進路の変更では事故になることはないという方もおられるようですが、こういう考え方は絶対やめるべきです。全日本交通安全協会の交通教本の中にも、「みだりに進路を変更をしてはいけません。」と書いてあります。自分はよくても周囲の車に迷惑をかけているという気持ちを忘れず、みんなが気持ちよくドライブできるようにするべきでしょう。もちろん前の車が急ブレーキをかけたり、,歩行者の飛び出し等、危険を回避する場合には急な進路の変更はやむをえませんが、そうでない限りは、「せまい日本、そんなに急いでどこへ行く。」「ゆずりあいの心」を大切にして車に乗ってほしいものです。また時間的にも余裕をもって車に乗るようにお互いしたいものです。

コメントは受け付けていません。