【要確認】前の車が交差点や踏切で停止や徐行しているときの注意点

自動車の運転者は、交差点や踏切に進入する際は必ず歩行者や列車に気を付けなければなりません。前方を走っている車両がこれらの箇所で停止や徐行している場合は、歩行者がいたり、その前方が信号機などで渋滞しているなどが考えられます。また何らかの障害があって事故が発生している場合があります。前方が大型車両の場合は歩行者や自転車などの軽車両を見落としてしまいがちになるので、十分に車間距離をとって、見通しの良いようにしましょう。また自分の自動車が交差点内に入るときは、左折の場合は、後方からのバイクや自転車を巻き込まぬように十分に確認とって左折してください。右折の場合は、特に右直事故(右折車両と直線車両の事故)に気を付けなければなりません。これは動体視力が衰えている高齢者にありがちなのですが、直進車両のスピード目測を誤って、交差点内に進入し事故になる場合があります。このように高齢者ドライバーなどが、事故にならないように右折時に徐行している場合があるので、後方車両はあおり行為にならないよう、細心の注意を払わなければなりません。踏切の場合は、前方車両がギリギリ停車している場合等、見切り発車で進入してはなりません。列車が接近してきて遮断機がおりてしまい。大事故につながる場合があります。またこれらにならぬように、あおり行為は絶対にいけません。これら必ず注意してください。

コメントは受け付けていません。